医院名:医療法人社団永晃会木戸クリニック 
住所:〒359-1111 埼玉県所沢市緑町4丁目15−27 
電話番号:04-2929-6502

血尿

血尿とは

血尿尿に血液が混じっている状態で、血液をろ過する腎臓や、尿の通り道である尿管・膀胱・尿道、またはその周辺に出血を起こす病変があると考えられます。特に問題がない場合もありますが、一刻も早く適切な治療を受ける必要がある重大な病気が隠れている可能性もあります。そのため。血尿に気付いたら泌尿器科を受診して原因を特定することが重要です。

血尿の種類

目で見てわかる肉眼的血尿と、顕微鏡で確認しなければわからない顕微鏡的血尿があります。肉眼的血尿は血のかたまりが尿に混じって出てくることもあります。ただし、水分摂取量が極端に少ない場合や特定の薬剤の効果で尿が濃褐色になって血尿のように見えることもあります。
顕微鏡的血尿は、泌尿器科では尿の成分を精査する精密な検査を行っています。健康診断の簡易的な検査では尿潜血が陽性でも、泌尿器科の尿潜血検査では血尿ではないと判断されるケースもあります。

血尿の症状

痛みがある場合と、血尿だけで痛みなどの症状がない場合があります。また、血尿を起こす病気は幅広いため、他の症状の有無や症状が現れるタイミングなども適切な診断の役に立ちます。腎臓がんや膀胱がんは痛みをともなわない肉眼的血尿があることで発見されるケースがよくあります。

血尿の原因

血液をろ過して尿を作る腎臓、尿の通り道である腎臓の腎盂・尿管・膀胱・尿道といった尿路、そして男性の前立腺のどこかに出血や炎症、がんなどの病変があって血尿が起こります。血尿を起こす病気にはさまざまなものがあり、中には命に関わるものも存在します。

腎臓

腎炎、腎臓結石、腎細胞がんなどにより血尿が起こっていることがあります。また、腎臓内の血管に異常があって血尿が現れることもあります。

尿路

腎臓の腎盂・尿管・膀胱・尿道という尿の通り道に起こる病気では、尿路感染症(腎盂腎炎・膀胱炎など)、尿路結石、腎盂尿管がん、膀胱がんなどが血尿を起こします。

前立腺

前立腺は精液の一部を作る生殖器官で、男性の膀胱の下、尿道を取り囲むように存在しています。前立腺炎、前立腺肥大症、前立腺がんなどがあると血尿が起こる場合があります。

血尿の検査

主に尿を採取して行う検査とエコー(超音波)検査で血尿の有無や状態、原因を調べていきます。

尿検査

尿潜血や蛋白の有無をはじめ、尿の成分を調べます。

尿沈渣(ちんさ)検査

尿を遠心分離器にかけて沈殿物を顕微鏡で観察して、血尿の診断に必要な赤血球の量や炎症発生時に増加する白血球の量などを調べます。

尿細胞診検査

尿の中の細胞を調べて炎がん細胞が混在していないかを調べます。

エコー(超音波)検査

腎臓や膀胱、前立腺などを観察します。結石や腫瘍の有無、前立腺の大きさや形状なども確認します。
上記の検査を踏まえて診断しますが、よりくわしい検査が必要な場合には、血液検査、内視鏡検査、X線・CT・MRIなどの検査を行っていきます。

血尿の治療

血尿を起こす原因疾患の治療を行っていきます。痛みや不快感などをできるだけ早く解消できるように治療を進める他、再発させないための予防につながる生活習慣改善などについてもきめ細かくお伝えしています。
ただし、血尿には精密な検査を行っても原因が特定できないことがあります。そうした際にも、経過観察などを通じて定期的に状態を確認し、適切な医療を提供できるように努めています。また、高度医療が必要だと判断された場合には、信頼できる提携の大学病院などをご紹介してスムーズな治療を受けられるようにしています。安心してご相談ください。

TEL:04-2929-6502
一番上に戻る